ある全国チェーン店の勤怠管理システムの例

勤怠管理のシステムというのは、やはり人事担当者の方にとってはメリットはとても大きいようです。というのも次のような事例があるからです。ある企業は、全国チェーン展開しているのだそうです。それぞれのチェーン店にて、色々と勤怠の情報が入力されます。そして、それは表計算ソフトで管理されていたそうです。その表計算ソフトでのデータが、本部に大量に送信されてくるそうです。そのデータを本部で集計するのが、非常に手間がかかっていたそうです。ところがある時から、勤怠管理システムを導入したそうです。それにより、以前と比べると手間が大きく減ってきたのだそうです。そして勤怠の管理以外の業務に対して、時間を充当できるようになったのだそうです。つまり勤怠管理システムによって手間を省くことができる事例が実在するわけです。それを考えると、やはり従業員の人数が多い会社などにとってはメリットが非常に大きいと私は思います。

従業員の増加と勤怠管理システム

勤怠管理のシステムは、従業員の数が増えてくることとも関係している一面があるようです。人数が増えてくるにしたがって、出退勤の管理をするのは大変になってくるものです。その管理をしやすくするために、勤怠管理システムを導入するという事例などもあるようです。例えば次のようなケースです。ある企業は、だんだんと従業員の数が増えてきている状況だったそうです。その会社は、従業員の人数が多いそうです。しかも日に日に従業員の人数が増えてきているので、それぞれの従業員の出退勤の状況を管理するのがとても大変だったのだそうです。そしてある時、システムを導入したそうです。それによって、今まで以上に手間が減ったそうです。ちなみに操作方法なども非常に簡単だったのだそうです。このようなケースもありますので、人数が増員することなどもシステムの導入の理由の1つだと思います。

勤怠管理システムを導入した弊社の事例

弊社では最近、勤怠管理システムを導入してから仕事がとても楽になってきました。導入する前までは、紙媒体を用いて従業員の勤怠の管理をしていました。しかし弊社の従業員の人数は、とても多いです。その人数分の紙媒体の管理をしなければなりませんので、非常に手間がかかっている状況でした。ある時に勤怠の管理を簡単に行うことができるという情報を知りました。弊社は、思い切ってそのシステムを導入しました。そのシステムの操作方法などは、特に難しいことはありませんでした。しかもタイムカードに比べると、従業員のタイムカードの打刻ミスなども大きく減ってきました。おかげ様で、従業員の勤怠の管理も非常にやりやすくなりました。思い切ってシステムの導入をして、良かったと思っています。今後も弊社では、このシステムを使い続けていこうと思っています。