勤怠管理システムを用いている主な業種

勤怠の管理をするために、パソコンなどを用いての独自システムを用いている企業は多数存在するものです。ところで企業というのは、色々な業種があります。IT関係の業種もあれば、流通業など様々な業種が存在するのですが。では果たして上記で申し上げた勤怠管理システムというのは、どのような業種で用いられているケースが多いのでしょうか。製造業だそうです。その業種の場合、全体の60%ぐらいの会社が管理システムを導入しているという状況だそうです。それとIT関係の企業なども、それを導入しているところが多いようです。全体の55%ぐらいという割合だからです。他の業種の場合は、おおむね30%台という状況になっているようです。つまり業種によって多いところと少ないところがあるわけですが、IT関係と製造関係という2つの業種で勤怠管理システムが用いられているケースが多いという訳です。

紙媒体と勤怠管理システム

昨今の企業は、紙媒体を使わないケースがとても増えているようです。その理由は色々あります。紙媒体を用いてしまうと、セキュリティー上あまり良くないというケースなどもあります。また紙媒体の書類を整理するのは、なかなか大変なものです。ですので最近の多くの企業は、紙を用いないという方針になっているケースが多いわけです。その紙媒体を用いないという考え方は、勤怠管理システムとも大きな関係があるのだそうです。というのも、勤怠を管理する時は従来は紙媒体で行っていたのです。しかし上記でも言及したように、それを整理するのが色々大変です。ところが勤怠管理のシステムの場合は、紙媒体を使わなくてもパソコン上で出退勤が管理ができるのです。多くの企業はその管理システムを採用している状況なのですが、紙媒体を使わないという理由で導入している事例が多いそうです。

スマートフォンと勤怠管理システム

本日私は電車で移動する機会がありました。その電車で移動する時には、ほぼ毎回と言って良いほど見かける光景があります。スマートフォンです。電車の中でスマートフォンを操作している方々などは、本当に多いと思います。電車の中での時間を有効活用するためにスマートフォンを用いている方々などは、世間では非常に多いものなのですが。そのスマートフォンというツールは、勤怠管理システムとも非常に大きな関係があります。というのも勤怠管理のシステムは、スマートフォンと連動しているケースなどがとても多いのです。そのシステム自体がスマートフォンで操作をすることが可能ですので、簡単に出勤の連絡などをすることができるのだそうです。外出をすることが多い職種などでそのシステムが用いられるケースが多いようです。場所を選ばずスマートフォンで打刻できる訳ですから、確かにメリットは非常に大きいと思います。